りんごQ&A

りんごQ&A

『1日にリンゴ1個で医者いらず』といわれるくらい健康によいとされるりんご。
美味しく食べて健康であるために便利な知識です。

■ りんごの皮をむいて、変色を防ぐには?

『ふじ』は変色しやすい、『千秋(せんしゅう)』は変色しづらいという特徴がありますが、
一般的に変色を防ぐにはいくつかの方法があります。
・塩水につける(長くつける必要はありません。5秒位くぐらせるだけでもでも大丈夫です)
・切れやすい包丁で切る
・ラップで包む(空気を入れないようにするのがポイント)
・水中でりんごを切る
・酸につける(レモンやライム果汁が一般的。浸した後、水で洗っても効果は続きます)
・シナモンをふる(りんごとシナモンは相性がいいです)
・熱湯に通す(さっとくぐらせ、冷水でさます)

■ りんごを長く保存するには?

りんごには植物ホルモンのエチレンが多量に放出する特性があります。
エチレンは果実を熟させる働きがあり、りんごをそのまま冷蔵庫に入れると
他の果物が早く傷むことになってしまうので、必ずビニール袋に入れきちんと閉め
冷蔵庫に入れるようにしましょう。
また生ものですから、お早めに召し上がってください。

■ りんごの成分と効果は?

りんごの約85%は水分、カロリーは100gあたり54Kcalです。
残りの15%はカリウム、体内の塩分を排出してくれます。
また、皮には食物繊維が多く含まれています。
他にも有機酸、ビタミンC、三種の糖分(果糖、ブドウ糖、ショ糖)が含まれます。
りんごの効果はポリフェノール効果、整腸効果、高血圧予防、虫歯予防があります。

■ おいしいりんごを見分けるには?

りんごの色、香り、大きさで見分けます。
基本的には色艶がいいものほど甘味が強く、味も濃いとされています。
上から下まで万べんなく赤いものを選びましょう。
また、よく熟したものほどよい香りを出すといわれています。
大きすぎるものは大味(味がおおまか)、
かといって小さすぎるものは甘みが足りないなんてこともしばしば。
また、形が不揃いだと味にもばらつきが見られます。
適度な大きさで、形の整ったりんごを選ぶようにしましょう。

会社概要

会社名 岡田果樹園(英語表記 naganoringo Inc.)
設立 平成10年1月10日
事業内容 長野県の豊野町でりんご狩りやぶどう狩り!
住所 〒389-1103 長野県長野市豊野町蟹沢2051
電話番号 026-257-2186
メールアドレス info@naganoringo.jp

写真ギャラリー